ここから本文です

「ネットで入手」偽造運転免許でトラックをレンタル 管理番号が不一致で発覚

4/6(土) 22:45配信

神戸新聞NEXT

 偽造した運転免許証を使ってレンタカー店でトラックを借りたとして、兵庫県警尼崎東署は6日、詐欺と偽造有印公文書行使の疑いで、兵庫県尼崎市に住む飲食店員の男(22)を逮捕した。男は「偽造免許証はインターネットで申し込んで手に入れた。当時は建設作業員をしていてトラックは仕事に使った」などと説明しているという。

 逮捕容疑は2018年7月7日、同市元浜町にあるトラック専門のレンタカー店で虚偽の建設会社名義で3トントラックのレンタルを申し込み、偽造免許証を使って1台(レンタル代7千円相当)を借りた疑い。男は元々免許証の交付を受けておらず、容疑を認めているという。

 同署によると、偽造免許証は兵庫県公安委員会の記名や公印も似せられて精巧だったが、レンタカー店の女性事務員が免許証のコピーを見た際、12桁の番号にある都道府県の管理番号が兵庫県でなかったため気付いたという。男は4月3日に再び同店を訪れ、店員が通報した。

最終更新:4/6(土) 22:48
神戸新聞NEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事