ここから本文です

大船渡・佐々木が163キロをマーク 大谷超え高校球界史上最速 圧巻の6K

4/6(土) 14:47配信

デイリースポーツ

 「侍ジャパン高校代表候補・国際大会対策研修合宿、紅白戦」(6日、奈良県内)

 実戦形式の練習で大船渡・佐々木朗希投手(3年)が登板し、自己最速を6キロ更新する163キロをたたき出した。

【写真】りりしい学ラン姿の佐々木 ライバルの星稜・奥川らと肩を組む

 先頭打者をアウトに仕留めた後、2番の横浜・内海への3球目だった。ボール球になったが、視察した中日スカウトのスピードガンで163キロの表示。高校時代の大谷翔平(エンゼルス)が3年夏にマークした160キロを上回り、高校球界最速となった。

 高校球界を代表する野手陣を相手に2回を無失点、6奪三振。アウト全て三振に仕留め、見逃し2つ、空振り4つという圧巻の内容だった。

 この日は10球団のスカウトが集結。スピードガンを構えた各スカウトからは感嘆の声が上がった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事