ここから本文です

小沢氏、衆院大阪補選で共産支援 参院選共闘へ仲介役狙う

4/6(土) 17:08配信

共同通信

 自由党は6日、衆院大阪12区補欠選挙(21日投開票)で共産党が擁立する宮本岳志衆院議員への支援を本格化させた。立憲民主党など他の野党が協力を尻込みする中、自由党は5日に推薦すると発表。小沢一郎共同代表は共産との協力を深めることで、遅れ気味となっている夏の参院選改選1人区の候補者調整の仲介役となることを狙う。

 大阪12区補選の対応で小沢氏は、宮本氏が共産公認でなく、無所属で立候補する点を重視。参院選に向け、共産側が他党と共闘しやすくするための動きだと評価する。今月に入り周辺に「共産が覚悟したのだから、推薦を出さないといけない」と語っていた。

最終更新:4/6(土) 17:08
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事