ここから本文です

高校総体男子100M王者・塚本ジャスティン惇平が東洋大入学 髪を伸ばしたら…八村塁似?

4/6(土) 19:29配信

スポーツ報知

 陸上の高校総体男子100メートル覇者の塚本ジャスティン惇平(18)が6日、都内で行われた東洋大の入学式に出席した。「ケガなく練習して、少しずつ結果を出せたらいい。上級生になったときに、世界陸上などの国際舞台で戦える力をつけたい」と4年間の抱負を語った。

 米フロリダ大のサニブラウン・ハキーム(20)は東京・城西高時の先輩で、憧れのスプリンターだ。同じく海外挑戦も考えたが、「国内でできることを積み上げたい。同じレースをまだ走ったことがないので、いつか並んで走りたい」と夢を語った。米国人の父と日本人の母を持ち、自己記録は100メートル10秒43、200メートル20秒93。183センチ、76キロの恵まれた体格を生かした力強い走りが魅力だ。

 髪の毛を伸ばしたところ、男子バスケットボール界のホープの八村塁(21)=米ゴンザガ大=に似ていると言われるそうで「会ってみたいですね。僕も背中を追っていきたい」と世界での活躍を誓った。初レースは静岡国際(5月3日)の200メートルを予定している。

最終更新:4/6(土) 19:29
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ