ここから本文です

鷹・工藤監督、乱調ミランダに「四球がいっぱい…」 甲斐のリードにも苦言

4/6(土) 17:52配信

Full-Count

今季初のカード負け越し「打たれたバッターへの初球は慎重にいかないと」

■ロッテ 7-3 ソフトバンク(6日・ヤフオクドーム)

 6日、ソフトバンクは先発のアリエル・ミランダ投手の大乱調でロッテに連敗。開幕3カード目で今季初の3連戦負け越しが決まった。

【写真集】広瀬すず似の美女も…福岡ドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 序盤で試合を決められた。初回に加藤翔平外野手に先制弾を打たれたミランダは、3回にも加藤の2打席連続弾を含む3本の本塁打を献上。さらに四球で走者をためてロッテの高卒ルーキー・藤原恭大外野手にプロ初打点となる2点打も許し、3回途中7失点で降板した。

 工藤公康監督は、5四球のミランダについて「う~ん、打たれることはあるのでね。四球がいっぱい出たのがね。連打というのはそう続くものじゃないし。その辺、自分でコントロールできない部分が出ちゃったのかな」とコメント。さらに、5日は中村奨吾内野手、この日は加藤に連続打席本塁打を許したことに触れ「同じバッターに打たれるのは考えないといけない。バッテリーとして答えを出さないとね。打たれたバッターへの初球は慎重にいかないと」と、甲斐拓也捕手のリードにも苦言を呈した。

 また、この日登録を抹消されたジュリスベル・グラシアル内野手は、腹斜筋の軽度の筋挫傷という診断で9日からリハビリ組に合流する。「まだシーズンは始まったばかりなので、しっかり治すことが一番大事と思って抹消させてもらいました」と工藤監督。そのグラシアルに代わってプロ初スタメン出場を果たした釜元豪外野手が、第1打席でプロ初ヒットを記録。指揮官は「よかった」と目を細めながらも「今日は福田くんには代走とか守備固めとして控えてもらいましたが、明日はまた(コーチ陣と)話をして決めたいと思います」とした。

 また不調が続くデスパイネには「そんなにいい方ではないですね。彼はホームランが安心材料にもなるので、それを早く打ちたいと思っているんでしょうが、焦らずにもっと気楽に打席にたってくれたら」と語った。今季初の連敗で、カードの負け越しも決まったが「明日は頑張りましょう」と自らに気合いを入れて会見を終えた。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:4/6(土) 17:52
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事