ここから本文です

「東京独身男子」は神が主演!高橋一生、斎藤工のコメントに照れ笑い

4/7(日) 13:13配信

映画ナタリー

土曜ナイトドラマ「東京独身男子」の記者会見が本日4月7日に東京・テレビ朝日本社で開催され、キャストの高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が出席した。

【写真】高橋一生(メディアギャラリー他14件)

“あえて結婚しない”という価値観を持ったアラフォー独身男性3人の姿を描く本作。高橋が分析力と観察眼が恋愛の弊害となっているメガバンク勤務の石橋太郎、斎藤がバツイチで2度目の独身生活を謳歌している審美歯科クリニック院長・三好玲也、滝藤が大手弁護士事務所のボスで太郎と三好のよき兄貴分である岩倉和彦をそれぞれ演じる。

本作の撮影エピソードを尋ねられた高橋は「早くも2話で旅行に。3人でわちゃわちゃ話しているシーンが多くて印象深いです」と答え、斎藤や滝藤と過ごす日々の様子を「お芝居の話は皆無ですね。3人が少年のようにはしゃいでお芝居をしている感じで、とても楽しいです」と笑顔で説明する。旅行へ行く回には枕投げのシーンもあるそうで、斎藤は「注目はそのあとです。放送できるのかな。ナイトドラマとはいえ危険なところまで行けたのは、一生さんや滝藤さんとだから」と期待を煽り、高橋は「あれは全部モザイクですね」と、滝藤は「世の中はそれを欲していると思う!」とコメント。また高橋が“晴れ男”だという話題では、斎藤が「一生さんは地球に舞い降りた神なんじゃないかと。神が主演で、主題歌も歌ってくださっています」と独特の表現を交えつつドラマのアピールにつなげ、高橋を「畏れ多いです」と照れ笑いさせていた。

会見では、登壇者たちが質問の答えに当てはまる人物を選ぶコーナーも用意された。「もし入れ替わるとしたら?」との問いの回答に高橋が「工さんの生活をのぞき見てみたい」と興味深そうに話すと、斎藤は「自堕落な日常なのでとてもお見せできない。着替えるのも面倒くさくて、下が半分脱げた状態で過ごしていたり」とぽつり。「モテそうなのは誰?」という質問には全員が自分以外の2人を選び、斎藤は「お二人に抱かれたいと思ったことが何度もある。人としてもおモテになると思います」と、滝藤は「この2人がモテなかったら、世の中の男は誰もモテないと思います!」と断言した。

「東京独身男子」は4月13日より放送スタート。

■ 土曜ナイトドラマ「東京独身男子」
テレビ朝日系 2019年4月13日(土)スタート 毎週土曜 23:15~24:05

最終更新:4/7(日) 13:13
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事