ここから本文です

【今週の日経平均を考える】ダウの上昇に日経もついていけるのか

4/7(日) 9:00配信

マネーの達人

4月第一週目は、前週の底値模索のような底割れ懸念のような動きから一転、急反発し3月4日の戻り高値を上抜けるのか? 上抜けられないのか? のはざまの動きで、結局 上抜けきれずに週末入りとなりました。

現状では、結果的に3月11日、25日、28日近辺の安値と3月4日、22日(ここは今週上抜けた)辺りの高値でいったり来たりのBOXになりつつある状況です。

もちろん週明けにそのまま上抜けという可能性もある前提です。

BOXという事に関しては、前週からボリンジャーの動きがBOXを示しており、今週に入って25日線が波うちを起こしてBOX示唆しました。

結果、現在では前回高値3月4日で上値が重くなり、前週は前回安値3月11日近辺で底堅い動きになっています。

この辺りを考慮するとこの週末に取るべき行動は一旦「売る動作」(新規の売り建てと買い建ての利確)をすべきだったと考えますが、当然上抜けたときにどうするという先のシナリオを見据えての行動です。

実際この値幅に入ってから期間で考えると2月中半にはこのもみ合いの価格帯に突入しており、4月に入ったことで3か月目に突入していることから、周期的にいつBOX離れを起こしてもおかしくないと考えます。

私的には、まえまえから下をメインシナリオにしてきますが、雰囲気的には上を見ているようにも見受けられます。

そして米国の動きから、週明けは小幅に上げて寄り付く公算が高いです。

その動きにより再度、上抜けチャレンジしてくると想定されます。

寄り付いてから大きな陽線が出来るようだと上放れとなる可能性が、大きくなり、陰線となったときは、BOX継続の可能性が高くなるという見極めポイントになります。

ファンダメンタル的には、下を意識する現状ですが、テクニカル的には上を示唆する指標がいくつか出てきています。

非常に判断が難しい局面ですが、建玉はヤマを張って動くのでなく、起きた事実に合わせて操作するものです。

一日 一日の動きに心を作られることなく「どうなったらどうする」と準備して決めて動くという事につきます。

現状は、3月4日の上値をしっかり上放れするかの見極めをして「買いの動作」をするかの見極めです。

現状を広い視野で見たときに為替は、円安へのトレンドが3か月継続(途中円高への調整局面もあり)しており、1ドル112円を頭としたカップ WITH ハンドルのハンドル部分を形成しているように見受けます。

本格的に112円台に突入すると114円までの円安は容易に進行しそうな雰囲気です。

こうなると円安進行株高というシナリオの可能性があることを意識せざる得ない状況と考えます。

そして日経の週足では、ここ最近 上値と意識してきた下向きの26週線を上に突破し乖離しています。

こうなると26週線の向きの変化は必要ですが、上に向かいやすい状況は準備できたと考えます。

月足に関しては、上向きの24か月線が上値抵抗線となっていましたが、今月に入って上抜けており、もう一つ上にある抵抗線として9か月線があるのですが、週明けここの上抜けチャレンジをしてきます。

現状で、上抜けの可能性ありで上抜けたわけではないですが、十分に可能性があるので上抜けたときの玉の操作の想定は準備必要と考えます。

そのテクニカルの上抜けの可能性を後押しするのが、米国のファンダメンタルで雇用統計が予測に対して上振れで非農業部門の就業者数が前月比19.6万人増で景気良さを示しました。

そのことで、米国経済は不安後退という流れからダウの上昇を巻き起こし日本に飛び火していると考えます。

さらには、米中問題も習近平主席が、米中交渉の早期解決を希望していることが明らかとなったことで、そのあたりもダウの反発と中国経済の復活を予期する動きを巻き起こしていると考えます。

ただ、この米中問題はそんな簡単には解決しないというのが私の予想ですので、期待の間は、下げ渋ったり上げたりしますが、いざ交渉に入ると失望になると考えています。

さらに、日本 米国ともに景気後退のニュースが一時的に鎮静化しているものの、根本の改善には至ってないことを考えると一時的な上昇はあっても、大きく跳ねるような上げを作るには材料不足と考えます。

1/2ページ

最終更新:4/7(日) 9:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事