ここから本文です

打率1割台SBデスパイネ 柳田歩かされた直後に特大1号

4/7(日) 14:26配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(32)に待望の今季初アーチが飛び出した。

【写真】デスパイネの「熱男~!」

 2点リードの3回2死一、二塁、ロッテ有吉の真ん中に入ったシュートを捉えて左翼席中段へ。「完璧に捉えられた。やっと一本出てくれて良かったけど、これを機にここからもっと打てるようにしていきたい」。今季開幕から9試合、39打席目での1号となった。

 この直前には柳田がフルカウントから敬遠気味に歩かされた。柳田は初回に先制4号2ラン。一方のデスパイネは初回に安打を放っても打率1割4分3厘で、当然、考えられる選択肢だったが、デスパイネが意地を見せた形だ。

 続く内川も中堅左へ今季1号。「デスパが打ったすぐ後だったので、どさくさに紛れて打った感じですね。みんなが喜んでくれて良かったです」。ソフトバンクの主軸がそろって本塁打を放つのは、昨年8月12日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)での3番柳田、4番デスパイネ、5番中村晃以来だ。

西日本スポーツ

最終更新:4/7(日) 14:47
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事