ここから本文です

捕手で入団の楽天銀次、14年目で1軍初マスク 「銀次キャノン」炸裂で盗塁阻止

4/7(日) 16:44配信

Full-Count

9回に3点差追いつき同点、ベンチには捕手登録がゼロになり…

■オリックス – 楽天(7日・京セラドーム)

 楽天の銀次内野手が7日の敵地オリックス戦で1軍では初めて捕手を務め、盗塁を刺す“美技”も見せた。

【動画】「銀次キャノン」炸裂! 14年目にして初マスクの銀次が二塁への“巧み”な送球で俊足・西浦を刺す!

 楽天は2-5で迎えた9回、1死から捕手の足立に代打・藤田を送った。すると、藤田のヒットから猛攻。田中、浅村、島内のタイムリーでオリックス増井から3点を奪い同点に。しかし、なおも2死一、二塁でウィーラーは空振り三振に倒れ、同点で9回裏の守備に入った。

 この試合の先発マスクは嶋だったが、7回にオコエが代打で登場。その後、足立がマスクを被っていたため、ベンチには捕手登録の選手がゼロに。すると、9回は一塁でスタメン出場していた銀次がマスクを被った。

 2005年のドラフト3位で盛岡中央高から捕手として入団した銀次だが、打撃センスを生かすために2009年秋に内野手にコンバート。その後、1軍に定着した。パ・リーグTV公式ツイッターは「銀次選手がキャッチャーの守備につくのは公式戦初です」と伝えた。

 9回は松井とバッテリーを組み、後藤は見逃し三振、福田は左飛で2アウトに。西浦にはライト前ヒットを許したものの、吉田正への2球目でスタートを切ったところで銀次が二塁に送球。盗塁を刺し、このイニングを無失点で終えた。楽天の球団公式ツイッターは「銀次キャノン!!!!!」と大興奮でつぶやいていた。

Full-Count編集部

最終更新:4/16(火) 3:33
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(月) 4:55

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ