ここから本文です

バスロケーションシステム運用開始

4/8(月) 17:04配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

路線バスの現在地や遅延情報などをスマートフォンで確認できるシステムの運用が8日から始まりました。

運用がはじまったのは、県内5つのバス会社が運行する定期路線の運行状況や乗り継ぎをスマートフォンなどでリアルタイムに確認できる「バスロケーションシステム」です。

「バス停に掲示されているQRコードにスマートフォンをかざすと、自分が乗りたいバスがどこを通過しているのか状況が分かるようになります」(記者リポート)

運行状況を「見える化」することで、待ち時間などの負担軽減が期待されています。
また、県内の主要なバス停には電子モニターも設置されます。

バスの事業者はシステムに蓄積される運行データを今後のダイヤ見直しにも生かす考えです。

RKK熊本放送

最終更新:4/8(月) 17:04
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事