ここから本文です

【韓国】LG電子19%減益、テレビとスマホ不振で

4/8(月) 11:30配信

NNA

 韓国LG電子が5日発表した2019年1~3月期の連結決算の速報値は、本業のもうけを表す営業利益が8,996億ウォン(約883億円)と前年同期比18.8%減少した。テレビ事業の低迷やスマートフォン事業の赤字が響いたもよう。
 売上高は1.4%減の14兆9,159億ウォンだった。事業部門別損益などの決算の詳細と確定値は、今月下旬に発表する予定。
 ロイター通信によると、スマートフォンを手掛けるMC事業部は7四半期連続の赤字となったもよう。LG電子は今月末に次世代高速通信規格「5G」に対応したスマホを販売する予定。5Gスマホをてこに黒字転換を図りたい考えだが、同社のスマホ事業は今後も厳しい状況が続くと予測するアナリストが多い。
 テレビ事業も、中国勢との価格激化で収益が悪化した。市場調査会社のIHSマークイットによると、2018年1~9月期の世界の液晶テレビ市場で、サムスン電子とLG電子の韓国勢は中国に抜かれ2位に後退している。LG電子は今後高級テレビ市場に集中し、中国勢との差別化を図っていく戦略だ。

最終更新:4/8(月) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事