ここから本文です

金本知憲氏 新井貴浩氏と初の“師弟コンビ”解説「ひと肌脱ぎます」

4/8(月) 14:25配信

東スポWeb

 プロ野球・阪神前監督の金本知憲氏(51)と、昨年限りで現役を引退した元広島の新井貴浩氏(42)の師弟コンビが、20日放送の「SAMURAI BASEBALL 阪神×巨人」(午後2時、TBS系)で初の揃い踏み解説を務めることが分かった。制作のMBSが8日、発表した。

 現役引退後、TBSの専属解説者に就任した新井氏は、先月30日の広島―巨人戦で公式戦解説デビュー。一方、金本氏は阪神の監督退任後、初解説となる。

 金本氏は、第2の人生を歩みだした弟分のために「ひと肌脱ぎます」とコメント。新井氏は「うれしいです。ありがとうございます。でも不安もあります。自分は楽しみですし、分かりやすくお伝えできれば」と意気込みを語った。

 MBS関係者は「昨年まで監督として阪神を指揮して巨人と戦ってきた金本さんの目線と、昨年まで現役選手として阪神・巨人と戦ってきた新井さんの視点の両方を視聴者に伝えることができれば」と2人に期待を込めた。

 元巨人の槙原寛己氏も加わり、トリプル解説で放送する。

最終更新:4/8(月) 14:29
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事