ここから本文です

マカオ、マンダリンハウスの「世界遺産青少年教育活動基地」が正式開幕

4/8(月) 11:02配信

マカオ新聞

 マカオ政府文化局(ICM)が管轄し、ユネスコ世界文化遺産リストに登録されているマカオ半島南部のマンダリンハウス(鄭家大屋)が昨年(2018年)12月、中国・蘇州のユネスコアジア太平洋地区世界遺産トレーニング&リサーチセンターから「世界遺産青少年教育基地」の称号を授与されたことは記憶に新しい。

 ICMは4月6日、マンダリンハウスにおいて「世界遺産青少年教育基地」開幕セレモニーを開催。今後、マンダリンハウスを拠点とした青少年向けの世界遺産プロモーションやトレーニングを日常的に実施し、世界遺産青少年教育基地としての使命を果たして行きたいとした。

 ICMによれば、マンダリンハウスが長期にわたる大規模修復工事を経て再オープンした2010年初頭以降、地元青少年向けの世界遺産に対する認知向上を目的としたイベントを毎年複数回開催してきたという。ICMでは、青少年による世界遺産ガイドの育成にも取り組んでおり、およそ80人の青少年ガイドが2000年を超える市民や観光客に世界遺産案内サービスを提供したとのこと。

 マカオの旧市街地中心部にあたる歴史市街地区には、ユネスコ世界文化遺産リストに登録された建築物及び広場が30箇所存在。東洋と西洋の文化が見事に融合した美しい街並みは、マカオ人の誇りであり、世界中から訪れる観光客を魅了している。

最終更新:4/8(月) 11:02
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事