ここから本文です

Googleの廉価スマホ「Pixel 3a」発売間近? 公式ストアに一瞬だけ登場

4/8(月) 12:13配信

Engadget 日本版

米Googleが準備中とされる、廉価版スマートフォンこと「Pixel 3/3a XL」。すでにスペックから製品名にいたるまで数多くの噂が届けられているなかで、Googleの公式オンラインストアに一瞬だけ製品名が登場したと報じられています。

ギャラリー: Pixel 3 XL ハンズオン | 12 枚の写真

Android関連情報サイトAndroid Policeによると、4月5日(米現地時間)にGoogle公式ストアはナビゲーション部分のデザインを一部変更。そして画面上部の「Phone」をクリックすると、ドロップダウンメニューに「Pixel 3a」を含むリストが表示されたとのこと。

その時点でキャプチャされたページ上では、たしかに「Pixel 3a」の横に「NEW」とついた項目があり。その下には「Compare phones」として、各種スマートフォンの性能比較ページらしきリンクも確認できます。

さらに「Google Pixel 3a Case」のリンク先は「pixel_3a_case_fabric」を含むURLとなっていたそうです。fabricとは「布製」ということで、Pixel 3a用の布製ケースも用意されていると推測できるわけです。

これらのリンクは全て機能せず、リンク先のページは用意されていなかったとのこと。なお、記事執筆時点ではページデザインは元に戻され、上記のドロップダウンメニューも閲覧できなくなっています。

すでにPixel 3a/Pixel 3a XLについては何度も実機とされる画像や予想レンダリング画像などが流出。さらに数日前、米Google関連情報サイト9to5GoogleはGoogle Play Console(アプリ管理ツール)経由で「bonito」(Pixel 3aの開発コードネーム)と「sargo」(同Pixel 3a XL)の一部仕様が明らかになったと報じていました。

それぞれのディスプレイ解像度は、bonitoが1080×2160(400dpi)に対してsargoは1080×2220(440dpi)、両方ともAndroid 9 Pieといった諸元データを見て取ることができます。

今年2月にPixel 3a/Pixel 3a XLを含むと思しきGoogleの未発表スマートフォンがFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過済み。公式ストア上にうっかり掲載して慌てて削除するとは、いよいよ発売が間近に迫っているようです。

Kiyoshi Tane

最終更新:4/8(月) 12:13
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事