ここから本文です

オリックス銀行、チームラボらの地域金融機関向けスマホアプリ開発プロジェクトに参画

4/9(火) 8:00配信

MONEYzine

 オリックス銀行は、チームラボと日本資産運用基盤グループのJAMPフィナンシャル・ソリューションズが共同で実施している、地域金融機関に向けたスマートフォンアプリの開発プロジェクトに参画する。

 アプリ画面の操作性やデザインなどの開発全般は、大手金融機関や航空会社向けなどの豊富な開発実績を有するチームラボが担当し、オリックス銀行は監修を行うとともに全国の地域金融機関との取引ネットワークを生かしてアプリ導入の提案を行う。

 預金残高照会や振り込み、振り替えなどの標準的な銀行サービス機能を備え、シンプルながらも、ユーザビリティの高いアプリを目指す。また、アプリ掲載機能やデザインなどを容易にカスタマイズ可能な仕様とする予定。

 チームラボは、最新テクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツの開発を手掛けており、アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えた作品づくりで知られている。森ビルとチームラボが共同で運営する常設ミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」は、オープンから5か月を迎えた昨年11月に来場者100万人を突破している。

 JAMPフィナンシャル・ソリューションズは、金融事業支援プラットフォームである「日本資産運用基盤」のグループ事業会社として、金融機関・金融事業者向けに高度金融専門性などの事業運営リソースの提供を行なっている。

最終更新:4/9(火) 8:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事