ここから本文です

Amuse Fes サブタイトル決定 LINE LIVEでの“モテ男バトル”を制したのは誰?

4/9(火) 1:15配信

エキサイトミュージック

6月1日(土)にアミューズ所属のアーティストによって幕張メッセで行われる『Amuse Fes in MAKUHARI 2019』の事前特番『22時まで生配信!~タイトル大発表!ド~なる?! Amuse Fes 2019~』がLINE LIVEで配信された。特番には岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、高橋優、Rihwa、藤原さくら、Oguri(s**t kingz)、NOPPO(s**t kingz)、そして前回の放送に続いて司会進行としてKEIGO(FLOW)が参加した。

番組の冒頭では、前回の事前特番で繰り広げられた激論を振り返りつつ、北米ツアー中のPerfumeがVTRで登場し、今回のAmuse Fesのサブタイトルが“恋とか愛とか”に決定したことが発表された。そして、6月1日(土)のライブ当日は、各出演者が“恋”や“愛”を感じるようなテーマでステージに臨むことや、MCなどで“恋とか愛とか”のエピソードを披露し、その中から「BEST LOVE STORY」を決めることも告げられた。

また、サブタイトルの発表に合わせてフェスのロゴも決定。これまでのAmuse Fesのロゴとはテイストが大きく変わり、“運命の赤い糸で結ばれている様子”を表した心機一転なロゴの発表を受け、これまでとは一味違うグッズのデザインにも期待が高まった。

番組後半ではライブ当日に先駆け、サブタイトル“恋とか愛とか”にちなみ、様々な恋愛シチュエーションにおいて男性陣が「モテる答え」を発表しあい、Rihwaと藤原さくらと視聴者で「モテ男」を決める「恋愛偏差値が高いのは誰?モテ男バトル!」と題した真剣勝負を繰り広げた。

「初デートから帰宅した後に送るLINEは?」というお題に対して、s**t kingzの回答での絵文字の使い方にRihwaと藤原さくらが絶賛する場面や、「仕事と私とどっちが大事なの?」という女性からの問いに対して、高橋優が「Siriに聞いてみて?」とユーモア溢れる回答をするなど、普段見られないアーティストの素顔が垣間見えるトークに、番組は終始盛り上がりをみせた。

熾烈な戦いを繰り広げた結果、トリッキーな回答にも関わらず視聴者の票を多く獲得した岡野昭仁がモテ男に決定。恋愛マスターとしてVTRで登場したTAKE(Skoop On Somebody)は「モテる答え」の模範解答を披露し、大人の色気を魅せつけた。

放送予定時間を大幅に超えるほど白熱した番組最後には、s**t kingzの「モテる答え」に心を奪われた藤原さくらが「LINEを交換したい!」と直接アピールする場面もあった。

前回と今回の放送からも垣間見れた出演者同士の仲の良さはAmuse Fesならでは。今年のAmuse Fesでは、“恋とか愛とか”をテーマに、選曲やMCにおいてここでしか見られない、アーティストの一面が見れるステージになりそうだ。そして、ライブ当日「BEST LOVE STORY」に選ばれるのはどの出演者なのか。ぜひ、会場で目撃しよう。

また、番組の最後には第3回目となる事前特番の生配信が予定されていることも告げられた。次回はどんな“恋とか愛とか”トークが展開されるのか、楽しみにしていよう。

なお、今回の放送は、4月30日(火)23:59までアーカイブが公開中。貴重な「モテ男バトル」を見逃してしまった方はぜひチェックしてみよう。

最終更新:4/9(火) 1:15
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事