ここから本文です

豊洲市場で事故相次ぐ ターレから転落、死亡も

4/9(火) 0:12配信

共同通信

 運搬車「ターレ」を運転中の男性(50)が荷物搬送用エレベーターの扉に挟まれ、死亡する事故が起きた豊洲市場(東京都江東区)で、昨年10月の開場以降、ターレの事故が相次いでいたことが8日、都への取材で分かった。

 都などによると、昨年11月、ターレの荷台部に乗っていた女性が走行中に転落し、その後死亡した。水産仲卸業者の男性従業員が運転しており、女性は敷地内のカーブを曲がる際に荷台から落ちたという。

 今年2月にはターレがエレベーターの扉にぶつかり、運転手が負傷する事故が発生。都は市場を利用する業者らに注意を呼び掛けている。

最終更新:4/9(火) 0:12
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事