ここから本文です

龍ケ崎市教委 英検の検定料 中学生に助成

4/9(火) 8:00配信

茨城新聞クロスアイ

龍ケ崎市教育委員会は、実用英語技能検定(英検)の検定料を全額助成する取り組みを始める。市内に住む中学生が対象で、英語の能力向上に加え、教育負担の軽減が狙い。

市教委教育総務課によると、助成は年度内に1回限りとしている。受験する級や合否は問わない。複数の級を受けた際は、より上位の級の検定料が助成対象となる。

学校単位か個人で市教委に申請し、保護者の口座に助成金が振り込まれる仕組み。年度内に3回、受験の機会がある。

市内では2017年度内に、延べ200人の中学生が英検を団体受験した実績があるという。本年度当初予算では、同程度の人数を想定し、79万8000円の事業費を計上した。担当者は「英語を使えるようになりたいという子どもたちの意欲を高めたい」と説明している。

茨城新聞社

最終更新:4/9(火) 8:08
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事