ここから本文です

「まずはポイントを動かしてほしい」 KDDIに聞く、スマホ決済「au PAY」の狙い

4/9(火) 6:00配信

ITmedia Mobile

 KDDIのコード決済「au PAY」が4月9日にスタートした。au PAYは、auユーザーが持つ電子マネー「au WALLET」を使って支払いができるサービス。au WALLETアプリからバーコードを表示させて、店頭で読み取ってもらうことで支払える。

au PAYのキャンペーン内容

 au WALLETは、当初はプリペイドカード、その後、クレジットカードに対応し、Apple Payでも使えるようになった。Androidスマホでau WALLETの非接触決済を利用することは現在できないが、コード決済ならOSを問わず利用できる。au PAYではau WALLETの決済手段を、auのスマートフォン全体に拡充した形だ。

 QRコードを使ったスマホ決済は、「PayPay」「d払い」「LINE Pay」「楽天ペイ」など競合がひしめく中で、KDDIはどのような戦略で攻めるのか。KDDI ライフデザイン事業本部 新規ビジネス推進本部 副本部長の中井武志氏に話を聞いた。

なぜ「コード決済」なのか?

―― au WALLETでは、非接触決済サービス(Apple Pay)やカード決済(au WALLET プリペイドカードとクレジットカード)をやっている中で、なぜコード決済を追加したのでしょうか?

中井氏 大きくは2つあります。1つは、auユーザーにはバーチャルな口座(au WALLET)が2000万以上あります。それを物理のプリペイドカードとApple Payで使っていただける状況は作っています。そんな中で非接触が便利だと思われている方が大半だと思われがちですけど、そのまま物理カードで使っているお客さまが相当いらっしゃる。

 当たり前ですが、最後の使い方はお客さまが選択されればいいと思っていて、多様な手段を準備していくことが必要だと思っています。今回はコード決済ですけど、今後、時間の流れの中で、違うインタフェースが出てくれば、それは積極的に検討していきたいと思います。

 もう1つが加盟店の視点です。中規模以上でPOSが入っている加盟店は、それなりの存在感のある決済サービスなら採用するでしょうけど、中小の店舗はそうはいきません。今のスマホ決済ブームが終わった後でも、継続的に加盟店が採用していただける状態を作ろうとすると、手数料の問題は重要です。その中で仕組み上、低料率で抑えられるコード決済は、加盟店拡大という観点でも可能性を感じています。

―― 物理カードを使っている人が意外と多いということですが、コード決済なら、そういう人たちにも使ってもらえるということですか。

中井氏 使える場所がどれだけ増えるかによってくるかと思います。後は、初回の利用(ハードル)をどう超えていくのかも重要です。

―― カード決済よりもスマホ決済を増やしたいという狙いがあるのでしょうか?

中井氏 決済だけではなくて、スマホ1台でできる範囲がどんどん広がっています。加えて他の金融サービスも、ここを入り口にしながらシームレスにつながっていくと、分断された手続きがまとめて行えます。

1/4ページ

最終更新:4/17(水) 15:17
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事