ここから本文です

甲信や北関東で大雪の恐れ 交通障害に注意を

4/9(火) 18:38配信

共同通信

 気象庁は9日、甲信のほか、関東北部山沿いを中心に10日明け方から11日はじめにかけて大雪になる恐れがあり、交通障害や路面凍結、電線や樹木への着雪、なだれに注意を呼び掛けた。関東北部では平地でも局地的に大雪になる恐れがある。

 気象庁によると、日本の南を、前線を伴った低気圧が発達しながら東に進む見通し。10日午後6時までの24時間予想降雪量は多い地域で長野県中部20センチ、長野県南部、山梨県、群馬県南部、栃木県北部15センチ。その後も11日午前中ごろまでは雪が続くとみられる。

最終更新:4/9(火) 18:38
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事