ここから本文です

広瀬すず、小学生からの日課は“日記”「自分の感情を何ページも書いて」

4/9(火) 11:31配信

オリコン

 女優の広瀬すず(20)がクロックス・ジャパンのグローバルキャンペーン新アンバサダーに就任し9日、都内で行われた記者発表会に出席。同ブランドのキャンペーンテーマにちなんで「自分らしさを取り戻す瞬間」について質問を受けると、小学生の頃から日課にしているという“日記”を挙げた。

【動画】広瀬すずがヘタウマな「ネコ絵」を披露

 広瀬は「字を書くことが好きで、その日にあったことや自分の感情を何ページも書いて、自分の気持ちを整理すると、ストレス発散になるんです。小学生からやっています」とにっこり。「今でもノートを買って、家に帰ってすぐに書いています。集中して書くことで、ぐちゃぐちゃになっていたものがリセットされますね」と声を弾ませた。

 NHKの連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』で、ヒロインのなつを演じている広瀬だが、今回のアンバサダー就任を受けて、共演者やスタッフにクロックスをプレゼントしたそうで「みなさん、その場で使ってくださって、楽しんでくれました。会話が生まれて、距離も縮まりました」とうれしそうに報告。「休けい中は、ずっとジャンプしたり、スクワットをしています」とアクティブな一面をのぞかせていた。

最終更新:4/10(水) 13:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事