ここから本文です

足で蹴らないサッカー、電動車椅子サッカー。映画『蹴る』が映し出す知られざる世界

2019/4/9(火) 10:01配信

みんなの2020

電動車椅子サッカードキュメンタリー映画、『蹴る』――。

3月23日よりポレポレ東中野で上映されているこの映画は、足で蹴らないサッカーに人生を懸ける人々の姿が描かれている。

電動車椅子サッカーとは何か? 『蹴る』で伝えたいメッセージとは何か? そして、映画が果たせる役割とは何か? 本映画の配給を担当する福島成人氏に話を聞いた。

撮影期間6年以上。デートの様子や家族との生活も

電動車椅子サッカーは、電動車椅子に乗った4名の選手が、ドリブル、パス、回転シュートを駆使して、対戦チームとのゴール数を競うスポーツだ。SMA(脊髄性筋萎縮症)や筋ジストロフィー、脳性麻痺、脊髄損傷などにより自立歩行できないなど、日本障がい者サッカー連盟(JIFF)に加盟する7つの障害者サッカー(※)の中でも特に重度の障害がある選手がプレーしている。日本電動車椅子サッカー協会(JPFA)には561名、40チームが登録しており、日本代表チームは過去3回開催された全てのワールドカップに出場している。
(※7つの障害者サッカー:1.アンプティサッカー(切断障害)、2.CPサッカー(脳性麻痺)、3.ソーシャルフットボール(精神障害)、4.知的障害者サッカー(知的障害)、5.電動車椅子サッカー(重度障害等)、6.ブラインドサッカー/ロービジョンフットボール(視覚障害)、7.デフサッカー(聴覚障害))

本映画『蹴る』では、電動車椅子サッカーワールドカップの出場に全てを懸けて挑む選手たちの競技に懸ける思いはもちろん、日常生活に垣間見える人生の苦悩や恋愛模様、闘病生活や家族のサポート、介助の様子など、彼らの生き様そのものが映し出されている。

福島氏は、6年にも及ぶプロジェクトの始まりをこう話す。

「『蹴る』を撮影した中村和彦監督が、2011年に電動車椅子サッカーの大会を見に行かれたことがきっかけでした。競技自体も面白いと感じたそうですが、その試合で唯一の女性選手が特に輝いて見えたそうです。それがこの映画の主役の一人である、永岡真理選手です。その日は、なでしこジャパン(女子サッカー日本代表)が(女子サッカー)ワールドカップで初優勝して世界一に輝く前日だったそうですが、『なでしこジャパンがここにもいる!』と。永岡選手のとりこになった中村監督はその場で、4年後に開催される(電動車椅子サッカー)ワールドカップに向けてチャレンジする姿を撮影させてほしいと伝えたところから、このプロジェクトはスタートしました」

中村監督はこれまでに、2006年ドイツで開催されたINAS-FID(国際知的障害者スポーツ連盟)サッカー世界選手権に出場した日本代表チームを密着した『プライドinブルー』、2009年台湾で開催されたデフリンピックに初出場した聴覚障害者サッカー女子日本代表チームを追い掛けた『アイ・コンタクト』、東日本大震災で甚大な被害を受け離れ離れになってしまった福島県南相馬市のマーチングバンド部が、Jリーグ・愛媛FCからの招待で試合前にスタジアムで演奏を披露したときの映像を中心に、震災を乗り越えていく姿を描いた『MARCH』など、サッカーのドキュメンタリー映画を数多く撮影していた。

「中村監督はただ撮影するだけではなく、かなり突っ込んで対象との距離を縮めるのが特徴かなと思います。『アイ・コンタクト』のときには自ら手話を身に付けて選手たちと直接会話できるようにしていましたし、今回の撮影にあたっても選手たちの状況を少しでも把握できるようにと、介護の資格を取って撮影に臨んでいました」

1/3ページ

最終更新:3/17(火) 14:34
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ