ここから本文です

沢口靖子、『科捜研の女』で共演・内藤剛志の「急接近」願望を受け流す

4/9(火) 18:21配信

AbemaTIMES

 女優の沢口靖子(53)が主演する、テレビ朝日系人気ドラマ『科捜研の女』最新シリーズの記者会見が8日、都内で行われた。

 1999年10月にスタートした『科捜研の女』。平均視聴率はシーズン3以降、常に10%を超える人気のドラマで、今シリーズは作品の20周年を記念して、来年3月までの1年間の放送となる。

 沢口演じる榊マリコと長年の相棒・土門薫刑事を演じてきた内藤剛志(63)は、今後の展開で気になることとして「僕は事件が起きて(沢口さんと)急接近が一番いいです。20年やって(2人の関係が)接近しないのはえらいこと」と、男女関係に発展しない2人の関係性を不満げに漏らした。

 内藤の不満を聞き、司会者が「沢口さん、急接近したいらしいですが」と沢口に話を振るも、「そうですね、まずストーリーが気になりますね」とその質問をきれいに受け流した沢口。即座に内藤が「嫌なんですか?」と沢口の顔を覗き込み、笑いを誘った。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:4/9(火) 18:21
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事