ここから本文です

本木雅弘&長男・UTA、親子ツーショット 家族撮影のビジュアル公開

4/9(火) 0:00配信

クランクイン!

 俳優・本木雅弘の長男でモデルのUTAが、4月16日に発売されるサントリー食品インターナショナルの新商品「サントリー天然水 GREEN TEA」の広告に起用されることが発表された。家族撮影によるUTAと本木の父子ツーショット写真が、4月9日付の日本経済新聞に全面広告として掲載される。

【写真】「本木雅弘」フォトギャラリー


 本木は2004年以来、15年にわたり同社の「伊右衛門」ブランドの広告に出演している。その長男のUTAは、大学生活を米国で送りながら、バスケットボール選手やモデルの仕事に挑戦している平成生まれの21歳。新聞広告には、これからの世代の価値観を体現するUTAと、緑茶の価値を世の中に発信してきたシンボルとしての本木が父子で並び立っており、令和の新時代と緑茶の未来を見据えているかのような、真っすぐな二人のまなざしが印象的なビジュアルとなっている。

 この写真は、正月の帰省時に本木やUTAの家族によって撮影されたもの。撮影には制作スタッフや広告カメラマンは一切介在せず、アングル、ポーズ、ロケーションなど全てを自身らで進めた。試行錯誤を重ねながら数日にわたって撮影されたカットは100枚を超え、広告を飾ることになったのは、その中の1枚という。

 「今年の1月2日、私の実家の長屋門の前で撮った一枚です」と本木。「近所でいくつか撮影しましたが、今ひとつしっくりくるものがなくて、トボトボと実家に帰る途中、家族に『あ、そこの場所、ちょっと光がキレイ!』と促されて撮影しました」と振り返る。ポーズについては「最初はいわゆる親子らしい姿をイメージして、私が彼の肩に手を回してみましたが、15センチ以上も身長差があるので、『今度はUTAの方からかけてみて』と。普段は肩を組むような関係ではないので、違和感があるかなと思いましたが、UTAから肩に手を回された瞬間、私の親としての力みもフッと抑えられて、ようやく二人とも同じところに立てたという感覚が持てました」と話す。「結果的に自分たちにとっても、新しい時代に向かう、記念の一枚になった気がします」としている。

 UTAも「成人して間もない自分にとって、『新しい時代』と『新しい商品』、『新しい門出を迎える自分』の3つが重なったタイミングだったので、忘れられない一枚になりました」と語っている。

 「サントリー天然水 GREEN TEA」は、4月16日発売。

最終更新:4/9(火) 0:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ