ここから本文です

ロケット・ラボ、人工衛星プラットフォーム「Photon」提供へ

4/10(水) 11:11配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

米ロケット・ラボは人工衛星プラットフォーム「Photon」を発表しました。

Photonは顧客がペイロードの開発に集中できるようにするため、開発されました。地球低軌道にて5年の運用ができ、約170kgのペイロードが搭載可能。また通信システムや高度コントロール、アビオニクスを搭載しています。

そして、Photonは全長17メートルの小型ロケット「エレクトロン」にて打ち上げられます。同ロケットの打ち上げ価格は500万ドル(約5億6000万円)で、約227キロのペイロードが搭載可能です。

Photonの初打ち上げは年内を予定しており、商業ミッションは2020年となります。また、エレクトロンの次回の打ち上げでは、月内に米空軍のミッションを実施する予定です。

塚本直樹

最終更新:4/10(水) 11:11
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ