ここから本文です

オンキヨー&パイオニアから、THX Certified Selectを取得した7chパワーアンプ搭載のAVアンプ「TX-NR696(B)」登場。4月下旬発売で92000円

4/10(水) 18:30配信

Stereo Sound ONLINE

 オンキヨー&パイオニアは、オンキヨーブランドの新製品として、ホームシアターサウンド認定の世界基準THX Certified Selectを取得した、7chパワーアンプ搭載のAVアンプ「TX-NR696(B)」を4月下旬に発売する。価格は¥92,000(税別)。

 TX-NR696は、先述の通り、THX Certified Select認証――映画館特有の臨場感を再現するための細かな基準――を取得しており、家庭環境において、映画館に匹敵する臨場感を体感できるよう仕上げられている。

 もちろん、Dolby AtmosやDTS:Xの再生にも対応していて、内蔵7chアンプを使った5.2.2システムを構築可能だ。加えて、ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーがない状態でも、リアルな音場感を作り出す「Dolby Atmos Height Virtualizer」「DTS Virtual:X」機能を搭載しているので、高さ方向を感じられるサラウンドが楽しめる、としている。なお、通常のサラウンドや2chソースなどをアップミックスする「Dolby Surround」「DTS Neural:X」にも対応する。


TX-NR696主な特徴
・ホームシアターサウンド認定の世界基準「THX Certified Select」を取得
・臨場感豊かなサラウンドが楽しめる「Dolby Atmos」と「DTS:X」に対応
・バーチャルサラウンド「Dolby Atmos Height Virtualizer」「DTS Virtual:X」搭載
・「Dynamic Audio Amplification(ダイナミック・オーディオ・アンプリフィケーション)」 コンセプトによる、力強いスピーカードライブの実現
・DSD 11.2MHzを含む多様なハイレゾ音源再生に対応
・AirPlay 2にも対応したネットワーク機能
・スマートホンを使って多彩な音楽を楽しめる Chromecast built-in対応
・コントロールApp「Onkyo Controller」対応
・独自の音場設定機能「AccuEQ Room Calibration」搭載
・Dolby Atmosイネーブルドスピーカーに対応する「AccuReflex」搭載
・原音をより忠実に再生する「PURE AUDIOモード」搭載


▼TX-NR696の主な仕様
定格出力(各チャンネル):100W(8Ω、20 Hz~20 kHz、全高調波歪率 0.08 %以下、2ch 駆動、JEITA)
実用最大出力(各チャンネル):190 W(6 Ω、1kHz、全高調波歪率 10%以下、1ch 駆動、JEITA)
周波数特性:10Hz~100kHz(+1 dB、-3 dB、Direct モード)
HDMI端子:入力7(フロント×1を含む)、出力2 (MAIN、SUB/ZONE2)
音声入出力端子:デジタル入力×2(光×1、同軸×1)、アナログ入力×6(PHONO×1、フロントステレオミニ×1を含む)、アナログ出力×1(ZONE 2/ZONE B)、サブウーファー(プリアウト)×2 、ヘッドホン×1、USB端子(リア)×1
寸法:435(W)×173.5(H)×379.5(D)mm
質量:10.0 kg
付属品:リモコン(RC-972R)、電源コード、測定用マイク、AM 室内アンテナ、FM 室内アンテナ

最終更新:4/10(水) 18:30
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事