ここから本文です

4連覇目指す佐藤天彦名人 初挑戦の豊島将之二冠 注目の第1局開始/名人戦七番勝負

4/10(水) 9:10配信

AbemaTIMES

 将棋の名人戦七番勝負第1局が4月10日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で始まった。4連覇を目指す佐藤天彦名人(31)と、初挑戦の豊島将之二冠(28)による対局で、振り駒の結果、先手は佐藤名人となった。

 佐藤名人は2016年、羽生善治名人(当時、48)との七番勝負に4勝1敗で勝利し、名人位で初タイトルを獲得。2017年は稲葉陽八段(30)を4勝2敗、2018年には羽生竜王(当時)にも4勝2敗と3期連続で保持している。2017年度においては、プロ入り後初めて勝率が5割を切る不調だったが、名人戦では見事に防衛するなど、ここ一番での勝負強さが光っている。前日のインタビューでは、過去の対戦成績で6勝11敗と負け越し、かつ4連敗中の豊島二冠に対して「関西奨励会から一緒で、長い間見てきている棋士の一人。勉強熱心というか、コツコツ積み重ねていられる方。プロになっても高い勝率を残されている。積み重ねた序盤研究といったものは非常に強みになっていると思います」と語った。

 豊島二冠は2007年度のデビュー以来、通算勝率は636局で441勝195敗、勝率.693。トップ棋士との戦いが続く中では、驚異的な高勝率をキープしている。いつタイトルを取ってもおかしくない実力を持ちながら、なかなかタイトルに縁がなかったものの、昨年7月に棋聖位で初タイトル。続けて9月には王位も奪取し、一気に二冠となった。現在、8つあるタイトルで複数を保持しているのは豊島二冠と渡辺明二冠(34)の2人だけ。ここで最も歴史ある名人位を獲得して三冠となれば、まさに棋界トップに君臨すると言っていい。佐藤名人について「奨励会時代から戦ってきた方なので、名人戦で指せるのはうれしく思いますし、棋風については非常に手厚い将棋で、やっぱり大変な相手だなと思います」と答えた。

 名人戦七番勝負は持ち時間9時間の2日制。第1局で振り駒が行われ、以降は先手・後手が入れ替わり、最終第7局になった場合は再度振り駒が行われる。

最終更新:4/10(水) 9:10
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事