ここから本文です

3連覇中の佐藤天彦名人、初挑戦の豊島将之二冠 昼食休憩終え対局再開/名人戦七番勝負

4/10(水) 13:42配信

AbemaTIMES

 将棋の名人戦七番勝負第1局が4月10日に始まり、3連覇中の佐藤天彦名人(31)と、名人初挑戦の豊島将之二冠(28)が現在対局中だ。会場は東京文京区の「ホテル椿山荘東京」。

 佐藤名人は2016年、羽生善治名人(当時、48)から初タイトルとなる名人位を奪取すると、そこから3連覇。他の棋戦では苦戦が続くことがあっても、名人戦では絶好調のトップ棋士に対しても無類の強さを見せている。一方の豊島二冠は、実力はありながらデビュー以来タイトルと無縁だったが、昨年度ついに念願の初タイトルを獲得。一気に二冠にもなった。

 名人戦七番勝負は持ち時間9時間の2日制。第1局で振り駒が行われ、以降は先手・後手が入れ替わり、最終第7局になった場合は再度振り駒が行われる。AbemaTVでは名人戦七番勝負を終了まで全局、生放送する。関西奨励会時代からお互いをよく知る両者の対戦成績は佐藤名人の6勝、豊島二冠の11勝で、直近では豊島二冠の4連勝中。

 対局は午後0時30分から1時間の昼食休憩を経て、現在は再開。昼食に佐藤名人は「うな丼」、豊島二冠は「鉄火丼と温かいお蕎麦」を注文した。休憩前の残り持ち時間は佐藤名人が7時間9分、豊島二冠が7時間46分。

 名人戦七番勝負は持ち時間9時間の2日制。第1局で振り駒が行われ、以降は先手・後手が入れ替わり、最終第7局になった場合は再度振り駒が行われる。

最終更新:4/10(水) 13:42
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事