ここから本文です

大矢氏がみた巨人の救援陣

4/10(水) 9:00配信

ベースボールキング

 9日の試合前に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に出演した大矢明彦氏は、巨人のリリーフ陣について語った。

 9日の中日戦では、1点リードの8回から吉川光夫がマウンドにあがり、一死一、三塁のピンチを招いたが、アルモンテをダブルプレーに打ち取り無失点で切り抜けた。直後の9回にビヤヌエバがこの日2本目となる本塁打で、1点を加え、9回裏に新守護神・クックが登場。クックは二死走者なしから阿部寿樹にヒットを打たれたが、最後は渡辺勝を二ゴロに仕留め試合を締めた。

 大矢氏は「勝ち試合で投げる7、8、9回のピッチャーは気持ちが大事。やられることも当然あると思うんだけど、それを乗り越えて、プライドを持ってなげていくとなっていくと、勝ちパターンはできてくるんですよね」と語った。

 9日は吉川光、クックの“勝利の方程式”で逃げ切った巨人だが、大矢氏はビハインドゲームで登板するリリーフ陣を課題に挙げた。

 大矢氏は「1点、2点負けている試合のリリーフが厳しいんですよね。あそこが頑張ってくれると、打線がいいのでひっくり返すということができはず。あの辺の凌ぎができるといいですよね」と言及。

 確かに敗れた6日のDeNA戦は、先発・沢村拓一が4回途中で降板した後、4人のリリーフがマウンドにあがったが、宮国椋丞が1失点、今村信貴が3点を失った。負けている展開で投げる投手陣が踏ん張れば、勝ちを多く拾っていけそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/8(水) 11:40
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事