ここから本文です

鈴木愛はピン型のエースパターからマレット型へ

4/11(木) 19:13配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇スタジオアリス女子オープン事前情報(11日)◇花屋敷GCよかわコース(兵庫県)◇6316yd(パー72)

【写真】鈴木愛の新ドライバー

昨年、初日から首位を守り切る完全優勝を果たした鈴木愛がプロアマ戦をプレーし、今季2勝目に向け最終調整した。

昨年、シーズンを通して「1.7414」をマークし1位となった平均パット数(パーオンホール)は、今季「1.8146」(5位)と低迷している。「いろいろ替えなきゃいけないなと思って」と優勝した昨年の「Tポイントレディス」初日に使っていたマレット型パターを引っ張り出して調整に励んだ。

優勝した2016年「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の時に使用したもので、「きょうはかなり良かった」と好感触を実感するが、「打ってる感じは良かったけど、タッチがイマイチだった」とまだまだ本調子には程遠い状態だ。さらに「まっすぐな順回転をおさらいしているが、まだ癖でつかまり気味になることがある」という。

今季は、3月の第2戦「ヨコハマタイヤPRGRレディス」でツアー10勝目を挙げたが、その後の3戦は優勝争いからは遠ざかっている。「先週ショットがだいぶ良くなってピンを刺した。グリーンが難しかったこともあって、なにもかもうまくかみ合わなかった」と14位で終えた前週を振り返る。グリーン上でもがく2017年の賞金女王が称号奪還へ向けギアを上げる。(兵庫県三木市/柴田雄平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事