ここから本文です

高知の元・パチンコホール経営、土高興業が特別清算 負債約110億円

4/11(木) 10:02配信

帝国データバンク

 土高興業(株)(TDB企業コード:730059527、資本金1600万円、登記面=東京都中央区日本橋3-7-10、代表清算人宮地真人氏)は、3月29日に東京地裁より特別清算開始命令を受けていたことがわかった。

 当社は、1949年(昭和24年)創業、58年(昭和33年)4月に法人改組された当地老舗のパチンコ・スロット店の運営業者。高知県高知市内を中心に県内全域で多店舗化を推進して業容を拡大してきた。その後、東京、神奈川など都市圏での出店を図る一方、ビジネスホテルを運営するなど、ピーク時には500億円を超える年収入高を計上していた。

 しかし、その後は景気の低迷や射幸性の高い機種の取り扱い規制の強化などで集客が落ち込み、近年の年収入高は200億円台にとどまっていた。この間、不採算店舗の閉鎖や旗艦店のリニューアルなどを行っていたが、設備投資に伴う借入金が収益を圧迫して資金繰りが悪化していた。このため、2018年1月に設立された第二会社に会社分割方式で営業譲渡し、2018年4月に商号変更した後、同年12月に登記上の本店を高知県から東京都へ移転、解散して清算手続きを進めていた。

 負債は約110億円。

 なお、店舗については事業譲渡を受けた企業により運営を継続している。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ