ここから本文です

先輩芸人にゴミ箱へ…中学から壮絶な『いじめ』 芸人が「命要らん」から「楽しい事ある」に変わるまで

4/11(木) 6:00配信

東海テレビ

■「もう20年」…かけがえのない相方

 お笑いコンビ「オレンジ」の田中哲也さん。実は中学時代、いじめに遭っていました。今その経験を小・中学生の前で語っています。

 田中さんにとって「いじめ」とは、そして中学生に伝えたいことは…。

 お客さんで埋まる満員の演芸場…。名古屋市中区の大須演芸場です。若手からベテランまで、人気芸人のネタで客からは笑いが次々と起こります。

 名古屋を拠点に活動するお笑いコンビ「オレンジ」。背の高い泉聡さんがボケ担当で、アフロで金髪なのがツッコミの田中さん。

 二人はよしもとのお笑い養成所の同期。結成21年目ですが、田中さんはツッコむところでネタが飛ぶこともしばしば…。

ネタ中の泉さん:
「それは哲ちゃんが言うてくれなあかんやんか、またネタ飛んでる~。ええ、ええ、大丈夫。わからへん、わからへん」

 それでも、泉さんが田中さんを上手く「イジって」笑いに変えます。

泉さん:
「僕らの漫才っていうのは、ボケも僕でツッコミも僕。本当は彼が天然で間違えたところっていうのが一番ウケるから」

田中さん:
「イズさん(泉さん)、なんだかんだ言いながら優しいんですよ」

泉さん:
「こんなネタも飛んでポンコツなね…」

田中さん:
「そう言って20年いっしょにいますからね」

泉さん:
「俺はいるつもりないけどね」

田中さん:
「もう20年経ってるよ イズさん」

■中学校の陸上部で同級生5人から「いじめ」

 ある日、田中さんが訪れたのは愛知県一宮市の中学校。

 お笑い用の衣装を着て、生徒たちに芸人という仕事について話したり、高齢者施設を回って実演しているタオルを使った体操を披露したり。

 笑いを取ることは忘れませんが、この日のテーマは「いじめ」について。

田中さん:
「中学校に始まって、10年間くらいいじめにあっているんですね。何がきっかけかっていうと、僕はね、陸上部だったんですね。陸上部で同級生の5人から、殴る蹴るの暴行を受けたりとか、色々やられたんですよ」

 田中さんは、1978年三重県四日市市生まれ。中学時代に「いじめ」に遭っていました。

 陸上部で、走るのが遅かった田中さんは怒られるのが嫌で、練習を休むようになると、そのことがきっかけでいじめられるようになりました。

 親に悟られないため、日が暮れるまで家には帰らず、近鉄四日市駅前の商店街を1人で歩き回っていました。

田中さん:
「とにかく人と接することが、『何か言われるんじゃないか』っていう不安がいっぱいありましたんで、めっちゃ転々としてましたね」

 自殺を考え、実際に行動に移そうとしたことも隠しません。

田中さん:
「『命なんて要らんわ』と思ったわけですよ。自殺をしようって考えるわけなんですね。父親と母親が外に買い物に行った時にビニールの袋があったんですね、それを首に巻いてグーッて絞めてたんです」

 高校では、いじめられないようにと一時不良グループの使いっ走りになったことも。しかし、気づけば自分の周りに友達はいませんでした。

 そんな田中さんをかわいがってくれた祖母のはつゑさん。高校2年のころ、他界しました。

田中さん:
「おばあちゃんがいつも口癖で言ってたのが、『哲ちゃんはおもしろいね』、『おじいちゃんおばあちゃんに人気が絶対出るわ』、『テレビで哲ちゃんが出る姿見られたらうれしいわ』って言ってたんです」

1/2ページ

最終更新:4/11(木) 6:00
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事