ここから本文です

マツコ&有吉が“社内ニート”に物申す「社会は平等じゃない」

4/11(木) 16:29配信

トレンドニュース(GYAO)

タレントのマツコ・デラックスとお笑い芸人の有吉弘行が、会社で仕事が回ってこない“社内ニート”に物申した。マツコの「社会は平等じゃない」という強烈な一言が話題になっている。

会社で仕事が回ってこない“社内ニート”に、マツコ&有吉は>>

4月10日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」に、視聴者から悩み相談が送られてきた。投稿者は、「優秀な同僚がすべて1人でこなしてしまうため、1年近く、私に大した仕事が回ってきません。上司に「何かできることありませんか?」と聞いても、やはり回ってくる仕事は雑務ばかりで途方に暮れています」と、いわゆる社内ニート状態を脱したいらしい。

しかし、マツコは、「優秀な同僚の“せい”で仕事が回ってこないニュアンスだったけど、そんなに仕事したいならその人越えなきゃ無理でしょ」と厳しく指摘。続けて「みなさん、どうにかしてくださいよー、私のこと平等に扱ってくださいよーのニオイがするんだよね。平等じゃないですから、社会は」と一刀両断した。

最終的にマツコは、「なんかやればいい。なんでもいいからやったことを、誰か見てるから」と投稿者にアドバイスを送り、有吉も「腐って何もやらないのが一番ダメ」と同意していた。マツコの厳しくも的確なアドバイスに、ネット上では、「ほんとにそう。平等なんかじゃない」「マツコさんの言う通りだと思う」「説得力がある」「厳しく見えて優しい」など称賛する声が多数上がった。

(文/沢野奈津夫@HEW)

最終更新:4/11(木) 16:29
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事