ここから本文です

「無線LANや電源はどこ?」ピクトグラムで五輪観光客を“おもてなし”

2019/4/11(木) 10:01配信

みんなの2020

オリンピック開催までちょうど500日となった3月12日、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会から東京2020オリンピックスポーツピクトグラムが発表された。スポーツピクトグラムは、実施される競技を分かりやすくアイコン化したものだが、「ピクトグラム」自体は、オリンピックだけでなく、私たちの生活を便利にしてくれる頼りになるツールだ。

そもそもピクトグラムって何?

ピクトグラムとは、「言葉に依存せず見るだけで場所や施設などの案内を可能にする案内用図記号」のこと。スポーツピクトグラムでは、競技を象徴するアクションなどが図示されることで「水泳」「空手」などの文字による説明がなくても競技を判別することができる。

日常生活でも、「トイレ」や「非常口」など一目見ればその施設や場所がどこにあるか分かる“おなじみ”のピクトグラムがある。「ピクトグラム」と聞くと、「一体どんなものだろう?」と身構えてしまうが、伝えたい情報を図式化して分かりやすく伝えるという手法はさまざまなシーンで用いられている。

日本でピクトグラムが使われるようになったきっかけは、1964年の前回の東京オリンピックだったといわれる。スポーツピクトグラムの他にも、東京オリンピックのデザイン専門委員会委員長だったデザイナーの勝見勝氏が中心になって「外国からやって来る人たちに向けた案内表示シンボル」がつくられた。競技に使う20種と、シャワーや食堂など案内に使う39種のピクトグラムがこのとき誕生し、トイレのピクトグラムはその後、世界中に広まったといわれている。

東京オリンピックに採用された競技ピクトグラムは世界中のアスリートが集うスポーツの祭典・オリンピックのコンセプトとも相まって以降大会ごとに作成されるようになった。

外国人観光客に分かりやすい表示を目指して改正

2020年に世界から多くの来訪者を迎えるであろう日本でピクトグラムに再び注目が集まっている。1964年のオリンピックを経て1980年代には広く使用されるようになっていたピクトグラムは、サッカーのワールドカップが開催された2002年を契機に日本工業規格(JIS)統一規格となっている。ざっとピクトグラムの概要と日本における歴史を見てきたが、ここからは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたピクトグラムの変化について見ていこう。

2017年7月20日、日本人だけでなく外国人観光客にもより分かりやすい案内用図記号とすることを目的に、7種類のピクトグラムの変更、15種類のピクトグラムとヘルプマークの追加という改正が行われた。

経済産業省の黒田浩司国際標準課長は、改正のポイントについてこう話す。
「2002年のワールドカップがJIS規格制定のきっかけになったように、今回の改正も多くの外国人の方がいらっしゃることを踏まえ、なるべく分かりやすく、誤解のないような案内用図記号、ピクトグラムにしていこうということを念頭に、各業界団体の要望、有識者の丁寧な議論やアンケート調査などを重ねてきました。いずれにしても大きなポイントになるのは、外国人の方がいらっしゃったときに混乱を招かないような国際的な整合性ということになります」

1/2ページ

最終更新:3/17(火) 14:33
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ