ここから本文です

【平成の事件】植松被告と文通、障害ある娘と暮らす社会学者 「心失者なんていない」被告と同調者たちに伝えたい

4/11(木) 10:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 平成最悪とされる犠牲者を出した相模原障害者施設殺傷事件から2年8カ月。和光大名誉教授の最首悟さん(82)=横浜市旭区=が、植松聖被告(29)と手紙のやりとりを続けている。社会学者であり、重度の知的障害がある娘を持つ父親という立場から、障害者への差別や偏見が根強く残る社会に宛てたメッセージだ。(神奈川新聞記者・石川泰大、川島秀宜)

 2018年4月27日、最首さんの元に手紙が届いた。丁寧に折りたたまれた2枚の便せんに、検閲済みを意味する「○」の押印があった。封筒の差出人の名前には「植松聖」。神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で、入所者19人を殺害した罪などで起訴された被告だった。

 植松被告は、重度障害者に造語を当て、「心失者(しんしつしゃ)」と呼んでいた。新聞紙面上で植松被告を批判していた最首さんに対し、手紙に反論がつづられていた。

 〈現実を認識しつつも問題解決を目指していないよう映ります〉

 最首さんは受け止め、論敵として本気で私見を戦わせてみようと考えた。ひとは心を失い得るのか、と。いわば、社会学者としての性(さが)だった。

 最首さんは、ダウン症で知的障害のある三女、星子さん(42)と暮らす。我が子についても、こうあった。

 〈心失者と言われても家族として過ごしてきたのですから情が移るのも当然です。最首さんの立場は本当に酷な位置にあると思いますが、それを受け入れることもできません〉

 丁寧な言葉使いとは裏腹に、重度障害者は「不幸を生み出す」と決めつけ、なぜ育てる必要があるのか、と問い詰めていた。

一層募った「わからなさ」

 7月6日、最首さんは立川拘置所(東京都立川市)を訪ねた。

 待合室のテレビは、オウム真理教の7人の死刑執行を速報していた。面会室の中央に腰掛け、植松被告を静かに待った。

 〈植松〉きょうは、すみません。遠いところからご足労いただき、ありがとうございます。

 アクリル板が中央を隔てる4畳ほどの空間。2人は手が届きそうな間合いで向かい合う。最首さんは、着座したまま会釈した。

 被告はなぜ、すべてを悟ったかのように万事を容易に「わかる」のか―。最首さんが面会を望んだのは、その純粋な疑問からだった。例えば、手紙に記されたこの断定。〈人間として生きるためには、人間として死ぬ必要があります〉。まず、立ち会った記者が真意を聞いた。

 〈植松〉糞尿(ふんにょう)を漏らしてしまい、意思疎通できないのは、人間として責任を放棄していると思うんですよ。人間なら、自分のことは自分でやる義務がある。

 答えはまた、「わかる」から導かれた。最首さんは、ほほ笑み、沈黙を破った。

 〈最首〉私の学びのゴールは、人間にはどのようにしてもわからないことがある、ということを認めることなんですね。わかったと思えば、いっぱい「わからない」が増えてくる。

 星子さんとの生活が、念頭にあった。その日常は「わからない」の連続という。

 〈最首〉星子との暮らしは、大変じゃない。一緒に暮らせないと思ったら、施設に預けています。

 被告は苦笑しているように見えた。

1/2ページ

最終更新:4/11(木) 10:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ