ここから本文です

2018-19レギュラーシーズンが終了、32年ぶりに全チームが平均100得点を突破

4/11(木) 19:38配信

バスケットボールキング

 4月11日(現地時間10日)、NBAでは11試合が行われ、約6か月におよんだ2018-19レギュラーシーズンが幕を下ろした。開幕からハイスコアリングゲームが相次いだ今季は、全30チームが平均100得点以上をクリア。1986-87シーズン以来、32年ぶりとなった。

 それでは、カンファレンスごとの最終成績を見ていこう。各カンファレンスの上位8チームは、14日(同13日)からプレーオフを戦うこととなる。

■イースタン・カンファレンス最終成績
1.ミルウォーキー・バックス:60勝22敗
2.トロント・ラプターズ:58勝24敗
3.フィラデルフィア・セブンティシクサーズ:51勝31敗
4.ボストン・セルティックス:49勝33敗
5.インディアナ・ペイサーズ:48勝34敗
6.ブルックリン・ネッツ:42勝40敗
7.オーランド・マジック:42勝40敗
8.デトロイト・ピストンズ:41勝41敗
9.シャーロット・ホーネッツ:39勝43敗
10.マイアミ・ヒート:39勝43敗
11.ワシントン・ウィザーズ:32勝50敗
12.アトランタ・ホークス:29勝53敗
13.シカゴ・ブルズ:22勝60敗
14.クリーブランド・キャバリアーズ:19勝63敗
15.ニューヨーク・ニックス:17勝65敗

バックスがリーグトップ、プレーオフ最後のスポットはピストンズが勝ち取る

 開幕から白星先行で勝ち進んだバックスがイーストトップ、そしてリーグ全体でもトップの成績を残し、4月14日(同13日)から始まるプレーオフ全体のホームコートアドバンテージを手にした。プレーオフに進んだチームの中では、ネッツが15年以来初、マジックが12年以来初、ピストンズは16年以来初のプレーオフ返り咲きを決めた。

 最後までプレーオフ出場を懸けて戦っていたホーネッツは、11日(同10日)のマジック戦でケンバ・ウォーカーが43得点を挙げるも一歩及ばず。ヒートはドウェイン・ウェイドが現役最後の試合で通算5度目のトリプルダブル(25得点11リバウンド10アシスト)を記録したものの、ネッツに敵わず。

 なお、昨季まで4年連続でNBAファイナルへと勝ち進んだキャブスは、レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)の退団とケガ人続出もあり、わずか19勝に終わった。

■ウエスタン・カンファレンス最終成績
1.ゴールデンステイト・ウォリアーズ:57勝25敗
2.デンバー・ナゲッツ:54勝28敗
3.ポートランド・トレイルブレイザーズ:53勝29敗
4.ヒューストン・ロケッツ:53勝29敗
5.ユタ・ジャズ:50勝32敗
6.オクラホマシティ・サンダー:49勝33敗
7.サンアントニオ・スパーズ:48勝34敗
8.ロサンゼルス・クリッパーズ:48勝34敗
9.サクラメント・キングス:39勝43敗
10.ロサンゼルス・レイカーズ:37勝45敗
11.ミネソタ・ティンバーウルブズ:36勝46敗
12.メンフィス・グリズリーズ:33勝49敗
13.ニューオーリンズ・ペリカンズ:33勝49敗
14.ダラス・マーベリックス:33勝49敗
15.フェニックス・サンズ:19勝63敗

1/2ページ

最終更新:4/11(木) 19:38
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事