ここから本文です

「あなたが注目する4月の新作は?」結果発表─ユーザーの関心は“地球の防衛”!? 新作サバイバルから名作の復活まで、激しく激突【アンケート】

4/12(金) 20:00配信

インサイド

様々な期待作や注目作が毎月登場しており、どの1本を選んで購入するかは毎回悩ましい問題です。基本的には、自身の好みや直感に従うことが多いことと思いますが、時には他の人の意見を参考にしたい場合もあるでしょう。

【関連画像】

そこでインサイドでは、「あなたが注目する今月の新作はどれ?」というお題のアンケートを実施しています。3月は、『デビル メイ クライ 5』と『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』が人気を集めましたが、4月も様々な期待作が登場。もうひとつの地球防衛軍の戦いを描く『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』や、過酷な世界でのサバイバルをオープンワールドで表現する『Days Gone』など、気になる新作が名を連ねています。


今月末には、平成と令和を繋ぐゴールデンウィークが待ち構えています。じっくりとゲームを遊ぶ絶好の機会だけに、遊ぶソフトは今のうちに決めておきたいところ。まだチョイスしていない方は、今月の新作の中から選んでみてはいかがでしょうか。

◆第3位は大混戦! 完全新作と名作の復活がぶつかり合う

今回のアンケートでは第3位が並び立っており、4作品が肩を並べる結果に。まずは、「ドラゴンボール超」の作者・よたろう先生がデザインを手がけた新キャラクター「シーラス」も登場するオリジナルストーリーも気になる『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』が、3位(4.8%)にランクインしています。


時代を超えて蘇った名作シミュレーションRPG『ラングリッサーI&II』も、この順位に食い込みました。ビジュアルやUIを一新し、声優陣によるフルボイス化を実現。指揮官が複数の部隊を率いるスケール感のあるバトルは、本シリーズの大きなポイントなので、その魅力を最新ハードでじっくりと堪能したいところです。


巧みなシナリオ展開で名を馳せた名作ADV『EVE burst error』に、待望の続編『EVE rebirth terror』が登場。『EVE burst error』と同様、主人公は天城小次郎と法条まりなが務めるので、シリーズファンもご安心を。また、PS4版には『EVE burst error R』が収録されているので、シリーズ初体験の方はPS4版がお勧めです。ちなみにPS Vita版では、「ミニエピソードビジュアルノベル」が楽しめます。名シリーズの新展開も存在感を示し、3位となりました。


そして最後の第3位は、荒廃した世界でのサバイバルをオープンワールドで表現する『Days Gone』が飾りました。パンデミックにより文明が崩壊し、“フリーカー”を始めとする危険極まりないこの世界には、絶望や葛藤などが数多く横たわっています。様々な人と関わり、時には争うこともある残酷な地で、どのような希望を見出すことができるのか。その目で直接確かめてみましょう。


「シームレスなSTG」vs「巨大生物との戦闘」、勝者は果たして…

◆第2位『スターリンク バトル・フォー・アトラス』:9.5%

7つの惑星で構成される「アトラス星系」を部隊に、「忘れ去られしレギオン」との戦いを繰り広げれるオープンワールドシューティング『スターリンク バトル・フォー・アトラス』。三人称視点で自機を操作し、宇宙空間と惑星内をシームレスで飛び回る心地よさは、STGファンならずともプレイ意欲が刺激されます。



本作の特徴として外せないのが、コントローラーにスターシップや武装を組み合わせ、ゲーム内に反映させる「スターリンクシステム」。スターターパックの同梱や別売りのトイを駆使して、現実とゲーム世界をリンクさせるユニークな試みです。お得に楽しみたい方には、デジタルコンテンツとして同梱されているダウンロード版の方がいいかもしれませんが、実物に触れる楽しさも捨てがたいところ。非常に悩ましいところです。

◆第1位『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』:71.4%

『地球防衛軍』シリーズの派生作となる『EARTH DEFENSE FORCE』がシリーズ展開を果たし、『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』が今月11日に発売を迎えました。『地球防衛軍』とは異なる方向性や魅力が盛り込まれており、新規のユーザーにとって刺激的なのはもちろん、シリーズファンにとっても新鮮なプレイ体験が味わえる一作です。



そのため、ユーザーからの関心度が高い作品として注目されていましたが、今回のアンケートでは圧倒的な一位を獲得。多くの読者が、地球を守るための戦いに立ち上がりたいとの意志を窺わせました。本作は、最大6人によるオンライン協力プレイが楽しめるほか、画面を分割して2人で挑むオフライン協力プレイも可能。敵が手強いと思ったら、他の隊員と共に挑んでみるのもお勧めです。


【関連記事】
・『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』10回死ぬまで帰りません! 限られた命でどこまで進めるのか?
・『十三機兵防衛圏 プロローグ』で気になったポイント6選! ヴァニラウェア恒例の要素からゲームシステムまでネタバレなしでチェック
・『Dragon Marked For Death』は“マルチ前提”のバランスなのか? ぼっちでエンディングを目指してみた─最新アップデートもチェック
・『ノーモア★ヒーローズ』の魅力を継承した『トラヴィス ストライクス アゲイン』は、突き抜けたノリとヘビーな展開が融合したハイセンスな爽快ACT!
・『√Letter ルートレター Last Answer』個性派ADVの実写化は“圧”がスゴい! 過去を暴く主人公・マックスとの距離感が最重要
・様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有
・『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】
・『オクトパストラベラー』美しい世界、先が気になる物語、絶妙な戦闘バランス─“丁寧”を積み上げた職人気質なRPGに没頭
・魅力溢れる世界を大胆な難易度で彩った『嘘つき姫と盲目王子』─ “嘘”の結末まで引き込むプレイ感と、賛否分かれるポイントに迫る
・『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る

最終更新:4/12(金) 20:00
インサイド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事