ここから本文です

加藤登紀子、「愛の4楽章」に込めたラブソングへの思い

4/12(金) 18:15配信

チケットぴあ

今秋、歌手生活55年という節目の年に、加藤登紀子が最新の6枚組ベスト・アルバム『あなたに捧げる歌』と連動した~LOVE LOVE LOVE愛の4楽章~コンサートを開催する。歌手人生を“終りなき旅”と語るひとりの女性の、新たな舞台の幕が上がる。

【その他の画像はこちら】

「人生を4幕とすると、1幕は序章、2幕は成長、3幕で展開があって、これからの4幕をどうまとめていくか。作曲家でも劇作家でも、4楽章が1番楽しみなわけです。これまでいろんな出来事、国、時代に応えようとして歌を作ってきたんですが、1番は人との出会いに応えていきたい。それが私の人生の4幕目の仕事かなと思っています」

コンサートは「始まり」「惑い」「追憶」「永遠」と題した4楽章に沿って、代表曲を網羅するベスト選曲になる予定。『愛の讃歌』『枯葉』などシャンソンの名曲はもちろん、『ひとり寝の子守唄』『LOVE LOVE LOVE』など、選りすぐりの自作曲もたっぷり聴けるはずだ。

「去年のコンサートは世界地図のようなものでしたけど、今回はオリジナルのラブソングをいっぱい歌います。オリジナル曲とシャンソンの名曲は、日記と大河小説のようなもので、両方に大切さがあるんですね。私としての歌と、多くの人の思いが詰まった珠玉の名曲を両方歌うことによって、たくさんのものが伝わってくるんです」

シャンソンの歌詞を例にとり、「男は女の中に答えを求めるけれど、女は男に答えを求めない」「女にとって男と生きるということは、問題を抱えるということ」と鋭く迫りつつ、「いつも男の人を応援するために歌ってますから」とにっこり笑う。ジャンルを超え、愛に生き愛を歌ってきた稀代のシンガー・加藤登紀子の解釈で、ラブソングの名曲たちがぐっと身近なものになる。

「こういう歌は私の人生模様と重なり合う部分が多くて、ステージでラブソングを歌っていると涙が出ちゃうぐらい、本当に愛してるって叫びたくなるのね。でも家に帰ってそばにいる人に“愛してる”って言ったことはないなと思うわけ。日常では言えないんですよ。だから心の中で時々確かめることをしたほうがいいですよね。そういうことを、私のコンサートで感じていただけたらとても嬉しいです」

加藤登紀子コンサート2019~LOVE LOVE LOVE~愛の4楽章~の東京公演は6月9日(日)、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて。「いつも新しい人に出会いたい」と、安価な学生席も用意される。その歌に込めた素晴らしき人生の響き、ぜひコンサートで体感してほしい。

取材・文:宮本英夫

最終更新:4/12(金) 18:15
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事