ここから本文です

大阪ガスが工場のデータ可視化と分析のIoTサービスを開始、ガス事業の知見を活用

4/12(金) 7:00配信

MONOist

 大阪ガスは2019年3月27日、IoT(モノのインターネット)を活用して工場の生産性を向上するソリューションサービスを開始すると発表した。同年6月よりサービスの提供開始を予定している。

 新サービスは、同社が最適なデバイスやセンサーを選定し、データの可視化および分析ツールを用意するIoTのワンストップサービスだ。品質や生産効率の向上、熟練技術者の高齢化による人材不足、システム開発の専門知識不足など、製造業におけるさまざまな課題解決を支援する。

 同社は、ガス事業で培ってきたシミュレーションやセンサーなどの技術力、Daigasグループのシステム開発およびデータ分析力、コンサルティング営業力をさらに深化させることで工場全体の課題を解決するIoTシステムを提供。新サービスの導入により、設備稼働データの傾向管理による突発的な設備故障の軽減、加工条件と製品品質情報との照合による安定的な品質維持などの効果が期待できる。

MONOist

最終更新:4/12(金) 7:00
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事