ここから本文です

マンションに大麻約1・2キロ 県警、容疑で男2人を逮捕

4/12(金) 21:20配信

カナロコ by 神奈川新聞

 マンションで大量の大麻を保管したとして、県警薬物銃器対策課と加賀町署は12日までに、大麻取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで、住所不詳、無職男(34)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、氏名不詳者と共謀して11日午後6時50分ごろ、営利目的で、東京都目黒区のマンション一室に、ビニール袋やラップに包んだ乾燥大麻計約1269グラムと大麻樹脂を所持した、としている。末端価格は計約600万円で、県警が入手経路や売却先の解明を進めている。

 同課によると、同容疑者は「私のものではない」と容疑を否認している。室内からは、コカインと合成麻薬MDMAとみられる粉末と錠剤も見つかったという。

 県警は同日、昨年10月に都内の別のマンション一室で乾燥大麻を所持した容疑などでも同容疑者を逮捕した。この部屋に出入りしていたとして、東京都世田谷区、清掃業の男(33)も同容疑で逮捕された。

 県警は、無職男らが大麻の保管場所を変える目的で複数のマンションを転々としていたとみて、調べを進める。

神奈川新聞社

最終更新:4/16(火) 17:22
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事