ここから本文です

英、逮捕の合法性強調 アサンジ容疑者側争う姿勢

4/12(金) 6:14配信

共同通信

 【ロンドン共同】英国のジャビド内相は11日、ロンドンのエクアドル大使館に約7年籠城していた内部告発サイト「ウィキリークス」創設者アサンジ容疑者の逮捕手続きについて「大使の正式な要請や、(外国公館の不可侵を定めた)外交関係に関するウィーン条約に従い執行された」と述べ、合法性を強調した。

 国際人権団体などから逮捕への批判が上がっており、国内外の世論を意識しているとみられる。英メディアによると、5月2日に引き渡しに関する審理が開かれる。アサンジ容疑者の弁護士は「米国内の真実を伝えたジャーナリストは移送されるという、あしき前例になる」と述べ、争う姿勢を示した。

最終更新:4/12(金) 10:15
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事