ここから本文です

GW10連休が危険と専門家 「令和」は巨大地震で始まるのか

4/12(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 政府は先月29日、南海トラフの巨大地震が発生する可能性が高いと判断した際、自治体や企業に事前避難を呼びかける方針をまとめた。そろそろ来てもおかしくないと判断しているのかもしれない。そんな折、不気味な傾向が見られるという。

 南海トラフの巨大地震が起きた場合、静岡県から宮崎県にかけて、一部では震度7の揺れが襲う。関東以西の30都府県で、死者が32万3000人、全壊・焼失棟数は238万6000棟の被害が想定されている。 

「3月上旬まで、頻繁に揺れを観測していた、和歌山県、三重県周辺で地震がピタリと止まりました。南海トラフの巨大地震で大規模被害が想定されるエリアです」(立命館大の高橋学教授=災害リスクマネジメント)

 宮崎県沖の日向灘での直下型地震は続いているものの、M5クラスの地震が頻発していた紀伊水道のプレート境界型地震は3月後半からほとんど起こっておらず、今月に入ってからは一度もない。

「これまでの統計から、大地震が起きる前にはパターンが見られます。頻繁に地震が起きていたのにピタリと止まったり、回数が激減すると危ない。静穏期が六十数日続いた後、もう一度、中規模の地震が発生し、3日以内に本震が起きるのです。和歌山県、三重県周辺が静かになってから六十数日後に当たるのがGWごろです」(高橋教授)

 東北・関東地方もおかしな動きをしている。気象庁によれば、4月2~8日の1週間で、宮城県沖(3回)、福島県沖(3回)の有感地震が発生している。

「こちらは逆に3月下旬から急激に揺れ始めました。2011年の東日本大震災の震源地で地震が起きているのです。海溝型の大規模な地震の後には、海溝の外側を震源とするアウターライズ地震が起こることがあります。04年のスマトラ島沖地震(M9・1)でも、8年後にアウターライズ地震(M8・6)が発生しています。東北地方でも、もう一度、大きな地震と津波が発生する恐れがあります」(高橋教授)

 今年は、東日本大震災から8年だ……。

「平成」は、始まってすぐの1995年に阪神・淡路大震災が起きて、その後は災害続きの時代だった。早ければGWに巨大地震となれば、「令和」はどんな時代になるのだろうか。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事