ここから本文です

<名探偵コナン 紺青の拳>劇場版初の海外シンガポールが舞台 傷ついた怪盗キッドに胸キュン

4/12(金) 20:30配信

まんたんウェブ

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」(永岡智佳監督)が12日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開されている。劇場版初の海外、シンガポールが舞台。コナンの宿命のライバル、怪盗キッドと劇場版初登場の空手家、京極真がキーパーソンとして大活躍する。

【動画】「死ぬなよ、キッド…!」 登坂広臣の主題歌も 劇場版コナン最新作予告編

 19世紀末、海底に沈んだとされる世界最大の宝石ブルーサファイア「紺青の拳」を巡り、コナンと怪盗キッドが、シンガポールのリゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」近郊で起きた殺人事件や巨大な陰謀に巻き込まれていく……というストーリー。

 今回の見どころは何といっても天才マジシャンの怪盗キッドだ。ハンググライダーでシンガポールの空を縦横無尽に飛び回り、お得意の変装も駆使して神出鬼没。そんないつものカッコいい姿をたくさん見られる。それも楽しいが、予告編にもある通り、傷付いた姿も見せて、女性ファンなら母性本能をくすぐられること間違いなし。

 別タイプのイケメン、京極真の硬派なカッコよさも見逃せない。新一と蘭の恋愛要素、コナンくんのアクションなども盛り込んで、見どころ満載だ。

 高山みなみさん、山崎和佳奈さん、山口勝平さん、小山力也さんらベテラン声優陣は安定感抜群。今作のゲスト声優の山崎育三郎さんは物語の鍵を握るキャラクター、レオン・ロー、河北麻友子さんはレオンをサポートする美人秘書のレイチェル・チェオングの声を担当している。

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の登坂広臣さんが、ソロプロジェクト「HIROOMI TOSAKA(登坂広臣 / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)」名義で歌う主題歌「BLUE SAPPHIRE」がシンガポールの夜景にぴったりはまっている。

 原作は、青山剛昌さんが1994年からマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している人気マンガ。小学生探偵の江戸川コナンが次々と起こる難事件を解決する。96年からテレビアニメが放送され、97年からは劇場版アニメも製作されている。(細田尚子/MANTAN)

最終更新:4/12(金) 23:26
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事