ここから本文です

<東京独身男子>高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が“AK男子”に 独身男の本音描くラブコメディー

4/13(土) 12:05配信

まんたんウェブ

 俳優の高橋一生さん主演の連続ドラマ「東京独身男子」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)が13日スタートする。あえて結婚しないアラフォーの“AK男子”の本音を描くラブコメディーが展開する。共演は斎藤工さん、滝藤賢一さんら。

【写真特集】高橋一生と斎藤工の距離が近い! 仲里依紗も登場 第1話の注目カット

 高橋さんは巨大銀行勤務の石橋太郎、斎藤さんはバツイチで審美歯科クリニック院長の三好玲也、滝藤さんは大手法律事務所のボス弁護士・岩倉和彦をそれぞれ演じる。

 女優の仲里依紗さんが玲也の妹で、夢見がちな3人のAK男子たちに厳しい意見を突きつける三好かずな役、高橋メアリージュンさんが太郎の元恋人で、旅行会社勤務の竹嶋舞衣役、桜井ユキさんが岩倉の事務所に所属する美貌のやり手弁護士・日比野透子役で出演する。

 ドラマ「中学聖日記」「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(ともにTBS系)などの金子ありささんが脚本を手がけ、「昭和元禄落語心中」(NHK総合)などのタナダユキさん、「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)などの樹下直美さんらが監督を務める。

 石橋太郎、三好玲也、岩倉和彦の3人は仕事も私生活も充実。何でも1人で事足りる「AK(あえて結婚しない)男子」で、結婚しないことに不安も不満もなく自由な独身生活を送っていた。

 しかしある日、太郎はかつてプロポーズまで考えた元恋人の舞衣と偶然にも再会。3年前、海外へ旅立つ彼女と別れてしまったことに後悔する。同じ頃、三好は彼のアイデンティティーに関わる問題に直面して不安を感じ、岩倉は郷里の父が病で倒れる。それぞれの身に起きた出来事が3人の気持ちを動かし、結婚を強く意識することに……という展開だ。

最終更新:4/13(土) 12:05
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事