ここから本文です

堀ちえみ 新しい舌は「熱さが分かりません」…やけどしやすいから注意

4/12(金) 14:07配信

デイリースポーツ

 舌がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が12日、公式ブログを更新し、再建した新しい舌は熱さが分からないことを打ち明けている。

【写真】右大腿骨骨頭壊死…堀ちえみ 術後初ライブで見せた笑顔

 堀は2月22日の手術で舌の6割を切除し、太ももから移植して再建している。

 この日の投稿で「新しい舌は感覚が鈍いので、熱さが分かりません。その為に火傷をしやすいから、熱いものは要注意」と告白。この日は寒いため、「珈琲なども、ある程度冷めないと飲めないので、食べ物や飲み物でお腹を温められないのが辛いですね」と、悩みをつづっている。

 もっとも、悪いことばかりではないようで、「もともとどちらかと言うと猫舌ではないので、熱いものをゴクゴクと飲んでいました。味見をするときなんて熱い物もペロリ。それはそれで身体に悪かったでしょうから、生温かいぐらいの方がいいのかもしれませんね。物は考えようです(笑)」と、前向きな堀。冷える日は「お腹に貼るカイロを貼っています」と、対策を明かしていた。

最終更新:4/12(金) 14:14
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事