ここから本文です

韓国警察、パク・ユチョン(JYJ)とファン・ハナが共に違法薬物使用した証拠を確保=「ニュースデスク」

4/12(金) 21:33配信

WoW!Korea

韓国警察が、ファン・ハナと違法薬物を使用した人物としてパク・ユチョン(JYJ、32)の名を捜査記録に記したという。

ユチョン(JYJ)のプロフィールと写真

 12日に放送されたMBC「ニュースデスク」では、パク・ユチョンとファン・ハナの薬物使用疑惑について報じた。

 番組では「警察が薬物を使用したファン・ハナと共に使用した人物としてパク・ユチョンの名を捜査記録に記した。パク・ユチョンと共に薬物を使用したというファン・ハナの供述を確保した後、捜査を進めていた警察はこれを立証する客観的な証拠を相当数確保し、検察に渡したものとみられる」と説明。

 続けて「ファン・ハナとパク・ユチョンが破局した後も会い続けてきたと見ている。警察は来週初めごろにパク・ユチョンを召喚して調べをおこなう予定。しかしパク・ユチョンが先日の記者会見で違法薬物の使用を強く否認しただけに、熾烈な攻防が予想される」と報じた。

 また番組は「警察が、ファン・ハナが嫌疑なしと判決された2015年の事件を再捜査し、薬物を使用した状況を把握した。当時の捜査担当者を調査中で、週末から上部に調べを拡大する。しかし当時の捜査担当者はこのような容疑を全面的に否認している」と伝えた。

 韓国大手・南陽乳業創業者の孫ファン・ハナは、2015年5~6月と9月、そしてことし2~3月にソウル市内の自宅などで数回にわたり覚せい剤を使用し、昨年4月に向精神薬のクロナゼパム成分が含まれた薬品2種を違法に服用した容疑で今月4日に逮捕された。

京畿(キョンギ)南部地方警察庁に押送されたファン・ハナは今月6日に逮捕され、警察の調べで“芸能人A”の勧めで再び薬物に手を出したと供述して波紋を広げた。ファン・ハナの供述によると、眠っている間に“芸能人A”が薬物を投与し、“芸能人A”が薬物を持ってきたり、またはファン・ハナに薬物を持って来るように頼んだりしたという。またことし初めにも“芸能人A”と共に薬物を使用したと主張した。

 その後、“芸能人A”として元交際相手のパク・ユチョンの名が挙がり、パク・ユチョンは10日に緊急記者会見を開いて「決して違法薬物を使用していない」と強く否定した。また「警察の調べに誠実に応じる」とし、「この件に対して容疑が認められるならば、芸能人パク・ユチョンとして引退することを越えて私の人生が否定されることだ。だから切迫した気持ちでこの場に来た」と潔白を主張した。

 しかし、警察はパク・ユチョンを被疑者として立件し、強制捜査を通じて薬物使用疑惑を捜査する方針だという。

最終更新:4/12(金) 21:33
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事