ここから本文です

【一問一答】宇野昌磨「強くなりたいじゃなくて技術的にうまくなりたい」

4/12(金) 22:56配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(12日、マリンメッセ福岡)

 男子フリーが行われ、SP3位の宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=はフリーでも189・46点で3位。総得点は282・24点だった。SP1位の世界王者、ネーサン・チェン(19)=米国=はフリーでも199・49点をマークし1位だった。総得点は301・44点だった。SP2位の、世界選手権銅メダリスト、ビンセント・ゾウ(米国)がフリー198・50点をマークし、2位。総得点は299・01点だった。

【写真】かわいすぎる2ショット…5歳の宇野&あどけない真央

 宇野の一問一答は以下。

 -演技を終えて。

 「体力不足で想定どおりでした。練習していないものは、本番ではできないということがわかった。だからこそ練習はたくさんしないといけない。どれだけ試合でうまくいかなくてもやらなきゃいけないと思いました」

 -トリプルアクセル-4回転トーループに挑戦した理由は。

 「そんなにまとめにいかなくてもいいのかなと。プログラムが始まる時にはやるつもりでしたし、(4回転)サルコーもやるつもりでした」。

 -転んだ時は痛そうだったが。

 「痛いというよりきつかった。サルコーの時点でアクセル-トーを跳べるほどの体力がないと思っていて、跳べないのがわかっていたけどやるしかないと思った。左にぶっ飛んでいたけど、一応認定はされていた。今後入れていきたいと思います」

 -この大会で得られたものは。

 「このフリーで今シーズンを通じて初めて4回転の次の3回転を降りることができた。自信を失ったり自分に強い期待をしていなかったが、練習でできないことをやろうとしてはいなかった。成功したことには驚きではなく決まったなと思った」

 -来季へ向けて。

 「世界選手権後も言ったけど、成長して僕が世界のトップを走り抜く気持ちで練習をしていかなければトップで争うこともできない。そう思う世界選手権でした。まだやり始めで間に合っていないけど、来季へ向けてここからスタートしたい」

 -自身の強くなったところは。

 「強くなったり弱くなったりしてはいないと思う。世界選手権の演技も、四大陸、全日本、今季全部の演技が自分だと思う。強い自分が出たり弱い自分が出たり、自分の中のいろんな部分が出た。なので強くなろうとは僕はもう思いません」

 -演技後につぶやいたのは。

 「きついって言ったような気が。演技中はいろんなことつぶやいた。サルコーの後はこれは無理でしょってつぶやいたり、サルコーフリップやったことなかったけど、やるかって一言残して跳びに行きました」

 -いろんなものを絞り出した演技だった。

 「練習をあの構成でしたことがなかったので、言い悪いの評価のつけようがない。あきらかな体力不足だったと思います」

 -さわやかな表情に見えた。

 「世界選手権が終わった長いこと悔やむ期間があって、つらい期間があって、でもアイスショーで年の近い選手と話したりして気も紛れて、自分もうまくなるんだという強い思いで練習した。すぐ試合だったので気持ちが強くなったとか変われたとかはないけど、ここからスタートしたい」

 -何かが見えたのか。

 「(ここまで)とりあえず走っていた。ジャンプを跳ぶばかりで休んで走って跳んで-、プログラムとして全然なっていなかった。それでも体力も全然足りなかった。でも、僕は負けたくない。自分にも人にも勝ちたいから、もっとうまくなりたい。強くなりたいじゃなくて技術的にうまくなりたい。精神的なところは変えようと思わないでしばらくいこうかなと。弱い自分も強い自分も両方とも自分。弱いところが出てもここまでできる練習をしていけばいいと思った。世界選手権の悔しさを強く自分に刻んでここからスタートしたい」

 -トリプルアクセル-4回転トーループは武器になるのか。

 「この1年は跳べるはずのジャンプを練習せずにここまできた。ルールが変わったというのがある。でも、男子は成長がとてつもなく早い。自分も成長できる年だからこそ成長していかなければならないと、世界選手権で強く思った。武器にならないかもしれないけど、何年もかけて自分の武器にできたらいい。ケガするから4回転以上のジャンプをやらないと言ってきたけど、ルッツもそれ以上のジャンプも練習していきたい。4回転半は僕に向いていないと正直思う。ルール的にあるのかわからないけど、トーループが回りすぎるので練習していきたい」

 -それは5回転?

 「公言したくないけど、練習するというのはいい。本番でやりませんと言えばいい。練習はしていきたい」

最終更新:4/12(金) 23:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事