ここから本文です

首相、信頼回復への努力指示 立民は審議拒否も

4/12(金) 22:25配信

共同通信

 安倍晋三首相は12日の閣僚懇談会で、桜田義孝前五輪相の辞任に触れ「全ての閣僚、副大臣、政務官が一層身を引き締め、襟を正し、内外の課題に取り組むことで国民の負託に応え、信頼回復に努めたい」と指示した。失言による閣僚や副大臣の辞任が相次ぎ、政権運営への危機感が表れた形だ。

 一方、立憲民主党執行部は、法案審議の日程協議に当面応じないよう党内に指示した。与党が衆参両院で桜田氏更迭を踏まえた予算委員会集中審議の開催を拒んでいることに反発した。審議拒否も辞さない構えだ。

最終更新:4/12(金) 22:25
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ