ここから本文です

そば猪口アート展 未発表作品を募集 7月から受け付け 長野

4/12(金) 18:27配信

産経新聞

 長野の名物のそばを食するとき、猪口(ちょこ)の風合いや意匠を楽しめれば、味わいはひとしおだろう。長野県安曇野市の安曇野高橋節郎記念美術館では、そば猪口アート公募展の作品を募集している。受け付けは7月12~19日。入選作品は同美術館で10月から開かれる展示会で紹介される。

 応募資格に制約はないが、未発表の作品に限定している。1人で複数の作品を応募でき、出品料は1作品につき2千円。応募作品の中から、大賞(1人、賞金10万円)、準大賞(1人、同5万円)、優秀賞(2人、同3万円)、特別賞(2人)が選ばれる。数人が対象となる審査員賞も用意している。

 同公募展は今年で8回目を迎え、テーマは「手のひらで昇華するアート」。問い合わせは同館(0263・81・3030)。

最終更新:4/12(金) 18:27
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事