ここから本文です

マダガスカル産・天然バニラがとてつもなく高騰 洋菓子店は悲鳴 5年で10倍以上に

4/12(金) 11:31配信

中京テレビNEWS

天然バニラにこだわるワケ

 一方、高騰が続き苦しい状況の中、名古屋市千種区にある洋菓子店「ココノン覚王山」では…

「当店では値が張るんですけど、天然のバニラビーンズを使用しております」(ココノン覚王山 川上絵里さん)

 実際にどのようなものを使っているのか、見せてもらうと…

「こちら黒いものが天然のバニラビーンズです。バニラを割いて、中の種を取り出して、牛乳に入れることによって、皆さんおなじみのバニラの香りが立ちます」(ココノン覚王山 川上絵里さん)

 バニラの香りがより強いさやの部分もすべて使用。高級志向のプリンが売りというこちらの店ですが、天然のバニラビーンズにこだわる理由があるといいます。

「だいたいこれで10本ぐらい、5000円前後ぐらいですかね。天然のバニラビーンズを使用すると、お菓子の香りが引き立つので全然違うものになる」(ココノン覚王山 川上絵里さん)

 天然のバニラビーンズを使った看板商品のプリンは、1個390円。ほかにも、12種類すべてのプリンに天然のバニラビーンズを使っているといいます。今年2月のオープン以来、客からの反応もいいことから、引き続き天然のバニラビーンズを使い続けるということです。

中京テレビNEWS

2/2ページ

最終更新:4/12(金) 13:16
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事